店内装飾の一例
千葉県市川市(行徳)にオープンした居酒屋の内装(アイアン部分)を製作しました。この店は、はるか昔にどこかで出会った懐 かしさと暖かい安らぎのある非日常的な空間で、ここに集う人々は皆家族であるということをコンセプトに店舗造りをしています。光と影と鉄そのものの存在感が店舗コンセプトにつながればと思い制作しました。

バックカウンター全景

手洗い通路の足許照明
ボトルテーブル
(前)とボトル台
(後)中に光源が
入っています。

行灯形オブジェ


*写真作品の他、数点制作しています。
機会がありましたらぜひご覧ください。